手打蕎麦じゆうさんブログ

戯言90%、宣伝8%の蛇足的ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

頑固

当店の辛汁、せいろのつけ汁は他店と比べやや辛いです。

好みにもよりますが、箸でつまんだ蕎麦の先をつけてあとはずずっとすすっていただければ ちょうどいい辛さがえられる塩梅になっております。

どっぷり浸してしまうと、かなり辛いです。

そのあたりはいわずもがな。いうだけ野暮と、だいたい黙っております。

先日、先に蕎麦湯を求められ、お出ししたら蕎麦を召し上がる前にそばつゆを割ってから召し上がっていらっしゃる。

それならば、次回からひやかけをとおすすめしました。

ひやかけは冷たいかけ蕎麦で、汁も薄味ですし、蕎麦の風味もたちます。

蕎麦湯で割ってぬるくなったそばつゆよりいいのではないでしょうか、と提案しました。

そうしましたらお客様、『いつもこうして食べているんです。これが私のこだわりです。』

ロジックだと、僕が正しい。しかし、その正しさは受け手次第。

なにより、喜んでいただけるのが一番です。


また、こんなことがありました。
1ヶ月前からのご予約のお客様です。
梅おろしを楽しみにいらしゃいました。

梅おろしは梅の氷を乗せますので、真夏の暑くでアスファルトが溶けるくらいの時に食べるのがいいと、自分なりに期限を決めておりました。

それが僕の主張でした。


去年、彼岸も明けたころに梅おろしをご注文された方がいらっしゃいました。

たまたま一つだけストックがありましたので、今の時期冷えますけどもとご理解戴いた上、お出ししました。

そのお客さまからのご予約でした。


『あの時、すごくうれしかった』と喜んでいただいたようでした。

また、今年も梅おろしをお召し上がりいただき、大変喜んでいただきました。


頑固に自分の味を主張したときより、ふと、力をゆるめることにより得られた満足感。

まだまだ、人間的な味が足りないなあ、と 感じました。
スポンサーサイト
  1. 2009/08/11(火) 23:55:22|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<夏期休暇のお知らせ | ホーム | 『梅おろしそば』>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sadaosan.blog20.fc2.com/tb.php/14-ede50285
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。